「Gの法則」を読みました

 

 

Gの法則」(感謝出来る人は幸せになれる)読みました

 

・感謝とはどういうものであるのか

 

・感謝が心にもたらす幸福感について

 

・感謝と身体の関係

 

・感謝しないことの罪

 

・感謝をどのように実践していくか

 

といった内容でした。

 

中でも印象深かったのは

 

・私たちは、過去も現在も他者からの助けに支えられており、それを忘れてはならないこと

 

・感謝した人々は、そうでない人々より幸福で、否定的な感情や結果の影響を受けにくということ

 

・感謝する人は、そうでない人よりも、喜び、熱心さ、愛、幸福、楽観性といったプラスの感情をより高いレベルで経験することや、感謝を実践することで、ねたみ、恨み、貪欲、苦しみといった破壊的な衝動から自分を守ることができる。

 

・自分という贈り物に感謝する「命は最初の贈り物、愛は二番目、そして理解は三番目の贈り物」

 

・感謝は私たちを自分の外の世界に連れ出してくれます。

 

・人生とは与え、受け、報いる事の繰り返しです。私たちは他者から何かを受ける存在であり、他社の助けや贈り物、優しさに依存する存在である。

 

・感謝する生活が健康で長生きをもたらすこと

 

・試練のときにいかに感謝の心を持つか

 

・いつも感謝のうちにあるための10の行動

 

①「感謝日記」をつける

 

②うまくいかなかったことを思い出す

 

③自分への三つの問いかけ

 

 どんなことをしてもらったか?

 

 どんなことをしてあげたか?

 

 どんあ迷惑をかけたか?

 

④感謝の祈りに学ぶ

 

⑤目覚める

 

⑥視覚的に思い出させてくれるもの

 

⑦感謝を実践すると誓う

 

⑧言葉に気をつける

 

⑨振りをする

 

⑩既成概念にとらわれずに、物事を考える

 

以上です。

 

<所感>

 

日々の雑踏に紛れていると、すべてのことを当たり前のことと捉え、感謝の気持ちを抱くことが少ないように思います。日々の出来事を奇跡と捉え、すべてのことに感謝していく必要性を感じました。

 

また、私の中にある「すべての出来事には肯定的意義がある」といったことに関しても再考させてくれる一冊でした!