「WORK SHIFT」を読みました

リンダ・グラットンの「WORK SHIFT」孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>を読みました。

この本は2025年の未来の働き方を5つの要因から予想したものだ。

その要因とは

①テクノロジーの進化

②グローバル化の進展

③人口構成の変化と長寿化

④社会の変化

⑤エネルギー・環境問題の深刻化 

である。

 

上記の要因を漫然と受け入れた場合の暗い現実を、2025年に存在するであろう人物を使いながら描写している。

・常に時間に追われ、孤独にさいなまれ、新しい貧困層へ締め出される恐れのある社会だ。

 

これに対し、現状を主体的に捉え、活用した場合の明るい未来も描写している。

・テクノロジーの進化を利用し、みんなの力で大きな仕事をやり、積極的に社会と関わりながらワークとライフのバランスをとり、創造的な人生を切り開いていくというものだ。

 

明るい未来の働き方の実現のために、著者は以下の三つのシフトを提言している

第一のシフト:ゼネラリストから連続スペシャリストになる

第二のシフト:ネットワークを活用し、協力してイノベーションを起こす

第三のシフト:情熱を傾けられる経験を積んでいく

 

詳細は書籍を読んでもらいたいと思いますが、長く働いてきた製薬会社のMR職を辞した私でありますが、上記のシフトを無意識のなかで考え、現在に至っていることを感じた一冊でした。

 

これまでの経験を活かし、天職コンサルタントとして

①人材育成のスペシャリストになる

②キャリアコンサルタント等のネットワークを活用し、現在の労働環境にイノベーションを起こす

③情熱傾けられることに対し、主体的に行動していく

以上の事を常に意識し、明るい未来を迎えていけたらなと思います。

 

本日も楽しくいきましょう!